公益社団法人栃木県経済同友会
会員ページ
同友酒場 Tuesday Talking Bar 同友Cafe 活動紹介 日本語版電子Book 同友とちぎ Facebookページはこちら

筆頭代表理事のご挨拶

筆頭代表理事のご挨拶
筆頭代表理事 中津 正修 トヨタウッドユーホーム(株) 取締役相談役
栃木県経済同友会では、昭和63年2月の創立以来、委員会活動、研究会活動等を通して様々な課題について積極的な議論や調査・研究を重ね、多くの政策提言を行って参りました。

ご案内のとおり、産業界を取り巻く環境は劇的に変化しています。ヒト・モノ・カネ・情報のボーダレス化が一段と進展するとともに、AIやIoTなど技術革新は目を見張るものがあり、「第4次産業革命」、「Society5.0」といった言葉が様々な場面で登場しています。一方で、人口減少や高齢化、社会保障制度改革、経済・雇用のグローバル化への対応など様々な課題が山積しており、大胆かつ創造性に富む行動が求められています。

このような時代の大きな転換期にある今、「栃木県の総合的な発展と活力ある産業界の醸成への貢献を設立趣旨」に掲げ、多様で創造力溢れる発想と時代感覚に富んだ経営者の集合体である我が栃木県経済同友会の存在意義は益々高くなっています。

当会の令和元年から2年間の各委員会活動では、「大転換期における"新価値創造"」を指針とし、先端技術を活用し、新たな価値を創造するとともに、栃木県の地域資源を見出し、磨き、世界に発信することで地域価値を向上させることを目的として、県や市町、さらには大学等高等教育機関等との連携を一層深めながら、総力を結集して栃木県の明るい未来に繋がる具体的な対応策をまとめ、栃木県の発展に貢献して参りたいと考えています。

今後も豊かな栃木県の更なる発展に向けて会員の団結力をさらに強めながら効果的に事業を展開し、令和という新元号の意味するとおり、平和で落ち着いた社会が維持され、希望に満ち溢れる時代となるよう、栃木県経済同友会の筆頭代表理事として、私は全身全霊でその職を全うしていく所存であります。
このページのトップへ