公益社団法人栃木県経済同友会
会員ページ
同友酒場 Tuesday Talking Bar 同友Cafe 活動紹介 日本語版電子Book 同友とちぎ Facebookページはこちら

表彰事業

令和2年度表彰事業の受賞者、受賞団体は下記の通りです。

優秀経営者賞
川嶋 健市氏((株)北研 取締役会長)

川嶋氏はきのこの種菌の製造販売を中心に、きのこの品種改良や栽培技術の開発を行う㈱北研の取締役会長を務めている。主力商品であるしいたけの種菌は、歯ごたえのある優れた肉質と圧倒的なボリューム感が評価されている。経営者として、栽培者側に寄り添った事業展開を行うとともにシイタケの食育活動を全国に広めるなど、業界の発展に大きく貢献した。

優秀起業家賞
坪野谷 光男氏((株)坪野谷紙業 代表取締役会長)

坪野谷氏は段ボールや新聞等の古紙を回収し、製紙メーカーへ原料として販売するほか、自社でティッシュペーパーも製造、販売している㈱坪野谷紙業の代表取締役会長を務めており、直近ではコロナ禍に対応し、携帯型ペーパータオルの開発、販売を始めた。製紙メーカーとの繋がりや、古紙部門で日本国内全域に協力会社のネットワークを構築したことにより、起業後、大きく業績を伸ばした。

社会貢献活動賞
特定非営利活動法人キーデザイン(代表理事 土橋 優平)

本団体は不登校の小中学生を対象としたフリースクールの運営、個別家庭教師事業を展開している。
子供に対しては集団生活への適応やコミュニケーション力を高めることに重点を置き教育を行っている。県内においては、いち早くLINEでの相談体制を整え対応し、県外を含め多くの悩み相談の窓口となっているなど、不登校児問題の解決に尽力した。

美しいまちづくり賞
やみぞあづまっぺ協議会(会長 鈴木 一利)

本団体は大田原市須賀川地区(旧黒羽町)を中心に紅茶茶葉の販売、イベント企画等を行っている。
後継者不足により荒廃した茶畑を再生し、過去に当地の特産品であった緑茶を用い、発酵工程を工夫して紅茶の商品化に成功した。荒廃した茶畑を復活させ、美しい景観を取り戻しただけでなく、特産品を開発し地域振興にも貢献した。

過去の表彰受賞者

このページのトップへ